Algos (アルゴス) PVP FIT

Gallente Destroyer Algos
考察アルゴス01
ボーナス
考察アルゴス02
基礎属性
考察アルゴス03
装備
考察アルゴス04

アルゴスの良い点
・ドローン艦であること。
ドローン帯域幅35(最大で小型3機、中型2機を出すことができる)、ドローンベイ60m3(ウォリアーなら12機)
ドローンダメージボーナスがある。ちなみに同じドローン艦であるトリスタンやイシュカーにはボーナスがない。
ドローンの速度ボーナスがある。ウォリアーがフルスキルで7825m/sでるので、並のカイトFGでは相手できない。
ドローンにDPSを委ねることで、ハイスロの自由度が上がる。ニュートやRRなど。
・ドローンだけですでにチートまがいの能力なのに、ハイブリットタレットにトラッキングボーナス。
・アーマー、ストラクチャのHP、キャパシタ容量も申し分ない。
・足すら割と早め
・強すぎる

アルゴスの悪い点
・シグネチャ半径がT1DDの中で最大なので、攻撃は当たりやすい。
・戦いを避けられる。FacFG「他のT1DDなら相手にするけどアルゴスは無理です」
・ドローンを先に処理されると生ごみになる。ただしドローンを落とす間タンクし続けるには結構なタンク力が要る。

HULL TANKの優位性
ダメコンを起動するとHULLのレジはすべて60%(T2MOD)に上がります。
T1のFGやDDではシールド防御、アーマー防御、どちらにしてもレジをしっかり上げる余裕はありません。(スロット数の制約を考えると他のモジュールに割り振ったほうが有効)
ですので、この60%というレジは非常に高いと言えます。
HULLのHPを増やすリグ3枚入れてもHULLのHPは2000(アルゴス)程度にしかなりませんが、
レジ60%の2000というは、思った以上に固いです。
またHULLが固いことにより、アーマーのアクティブタンクの船が
「まだアーマーリペアラ回して回復できたのに、HULLにダメージ抜けまくって沈んだ」ということがなくなります。
キャパシタを使い切るまでアーマーリペアラを回し続けれる。
さらに、キャパシタの自然回復をまってさらに1、2、3回とリペアを回せる。
これがHULL TANKの固さ秘密です。

ブラスターの弾薬選択について
基本はネイビーアンチマター弾、T2ヌル弾を用意する。
べったりくっつけれるならアンチマター弾。
距離取られて悲しいことになったらヌル弾で対応する。
T2タレットが使えない場合は、ヌル弾の代わりにネイビーアイアン弾を用意しておく。
T2ボイド弾は射程がさらに短くなりトラッキングも悪い。
お互い接近戦の場合は有効な場面もある。
ただし使う場合は決して相手をオービットしてはならない。

レールガンの弾薬選択について
ネイビーアンチマター弾、T2スパイク弾(長射程)、T2ジャベリン弾を用意する。
自分の射程との相談になるが、150mmレールガンなどならアンチマター弾で8000mキープレンジなどでちょうど良い距離となる。
MWDでカイトしながら狙撃したり、カイトされている敵に対して対応するためにスパイクを使う。
相手にひっつかれて困ったときはトラッキング上がるジャベリンに切り替えてどこかにアラインしながら「当たれ」と祈る。
75mmレールガンを使い8000mキープレンジなどしたい場合は、ネイビートリウムもしくは、ネイビー鉛(Lead)を選択しましょう。
ネイビーアンチマターだと5000mぐらいしか届きません。

プロジェクタイルの弾薬選び
オートキャノンを使う場合、弾薬は必ずネイビー弾のフュージョン(EXP)、EMP(EM)、劣化ウラン(トラッキングが良い、射程も伸びる)、T2弾のバラージ(射程が長い)を用意しましょう。
アーティレリを使う場合、オートキャノンと同じネイビー弾に加え、トレーマー弾(長射程)、クェーク弾(良トラッキング)を用意しましょう。
Sオートキャノンの場合ですが、
自分が撃っているときは相手をオービットしてはいけません。当たりません。
キープレンジ2000mとかしておきましょう。
とはいったものの相手がレールガンやアーティレリ、ビームレーザーなど自分より明らかにトラッキングが悪い武器を使っている場合はオービットしたほうが有利になります。
強く言いたいのは、敵のブラスター艦と仲良く500mオービットしあって、相手は当たってるけど自分は当たってないっていう悲惨な状況だけは回避してください。
T2弾のヘイル弾をどうしても使いたい場合は、相手がウェビ2枚以上喰らっていて、自分が相手との距離を自由に調整できる状態で、相手の弱点がEXPであるときにだけ使いましょう。オービットされたらまったくあたりません。相手CL以上の大きさであれば普通に当たります。

ソロキルしてみたい人へT1DDの勧め
ソロキルをしたことがなくて、どうしてもソロキル取ってみたい人はT1DDをお勧めします。
理由は安くて強い。
T1FGを積極的に狙いましょう。
FGとの比較を大雑把に言うと、足がとろい、同じ小型タレットでトラッキングが同条件、タレット数が多いのでDPSが高い、シールド、アーマー、ストラクチャのHPがだいたい全て優っている。キャパシタもFGよりだいたい多い。シグネチャ半径がでかい。
DDがFGに負ける要素は、速度とシグネチャ半径です。
速度で負けると、不利な距離での交戦を強いられます。
シグネチャ半径がFGより大きいのでタレットが当たりやすい。ミサイルのダメージロスも少ない。
ですが一方的に不利な状況にならないかぎりはDDがFGを倒せて当たり前です。
錬度の高いプレイヤーは必ず相手の不利なレンジコントロールをしてきます。
そうなったら諦めましょう。でも落ちても安い。すぐ次行きましょう。
DDにFGが戦いを挑んでくれるんですか?
意外と戦ってくれますし、Dスキャンを怠っているプレイヤーは逃げ遅れたりします。
積極的にFG狩りをしてみましょう。

アルゴスに積むドローンの種類について
ドローンベイ60、帯域幅35あるわけですが、DD以下のサイズとの交戦を前提にするのであれば小型ドローンだけ積むのが安定です。ワルキューレなどの中型ドローンはFGに対しても当たらないこともないですが、必ず当たる相手と戦うとは限らないので、種類と数を用意できる小型で揃えることをお勧めします。
DPSが一番でるのはホブゴブリン(ガレンテ)。速度とトラッキングならウォーリアー(ミンマター)、EM攻撃したいならアコライト(アマー)、ホーネットはいらないです。ECMホーネットを積んでおくのは面白いと思います。

ではFITを紹介します。

1.10AB HULL TANK Railgun
考察アルゴス10ABrail
10ABを積むことにより、ABFITのFGと同等の速度がでます。同じウェビ数ならレールガンのキープレンジによる引き撃ちが可能です。さらにドローンがバシバシ攻撃してくれます。
ちなみにCA1-4やEG-などのインプラを刺すと、ハイスロにバンパイアやニュートを積むことができます。
75mmレールガンで射程が短いので、引き撃ちのキープレンジ8000mなどする場合は、ネイビートリウムもしくは、ネイビー鉛(Lead)を使用しましょう。ニュートやバンパイアを積極的に入れたい場合は、ネイビーアンチマターで5000mキープレンジなどすると良い場面もあると思います。
HULLのHPが2000を超えていますし、キャパシタ容量も多いので、補助アーマーリペアラと合わせてかなり固いです。
ウォーリアーが7000m/s以上でるので、スネークインプラ刺したガルムなどは無理ですが、柔らかいカイトコンドールくらいは追い払えます。(1v1の場合)

参考動画記事)(艦隊支援有り、改良型エグザイル服用、インプラ、T2HULLリグ)
2015/11/27 にUPした動画(3分30秒より再生)

2.ニュート
考察アルゴスneut
ニュートアルゴスです。
ニュートされて困らない船はいません。
アーマーのアクティブタンクなら脅威そのものですし、ASB(補助シールドブースター)でニュートによるタンク量が変わらない船であってもニュートは脅威です。ダメコンが止まったり、スクラムが外れて逃げられたり、ABやウェビが止まってニュート圏外に距離を取ることができなかったり。
10ABですがウェビが積めないのでニュート圏外に距離を取られると切ないことになります。
それでもドローンでの攻撃はできますし、積むタレットによっては10kmまで届かせることが可能です。
ボーナスはありませんが、125㎜のオートキャノンを積んでいます。ネイビー弾で接近戦を挑みながら、距離を取られたらバラージ弾で対応します。
PGなどに余裕があれば、150mmオートキャノンや、レールガンを積むと射程の不安が解消されます。
基本はFW小型サイト内で待ちに徹し、相手が入ってきたらABオーバーロードで接近して3本のニュートをフルで回し(時間差で)沈黙させる。
相手が黙ったら、ニュート2本をしっかり時間差でかけつつ、自分のアーマーリペアラに使う電池を残しながら3本目のニュートも時折回す。
ちなみに、MWDにするとロースロの補助パワーコアをドローンダメージUPに変えることができるので、フリート用ならMWDのほうが良いでしょう。

3.フリート後続DPS
考察アルゴスDPS
シンプルなDPSFIT。
MWDを吹かして敵にスクラムウェビ、ドローンとブラスターの高火力を叩き込みましょう。
できればフリート後続DPSとして使いたいですが、タックルでも十分な性能を発揮するでしょう。
タックルする場合、捕まえることばかりに操作を取られて、ドローンを出し忘れないようにしましょう。

4.Dual Repairer
考察アルゴスDual Repairer
リペア2本で超タンクアルゴス。
アーマーのレジがありませんが、HULLのHPがあるからこそ通用するFITです。
片方を補助アーマーリペアラにしていますが、好みで変えてください。
Dual Repairerする場合、片方のリペアラを回しっぱなしにして、タンクが足りないときにもう片方をオーバーロードで1回ずつ回すとキャパシタの無駄が減ります。もちろん、2枚回しっぱなしでもタンクできないDPSをくらうときもありますが。
ウェビが積めないので、射程とキャパシタの観点からオートキャノンを積んでいます。

5.Logigos(隠れロジ)
考察アルゴスlogigos
フリートの隠れロジ。
こっそろ後からついて行って、味方をロジします。
先に狙われて即死したら悲しいので、ローはレジUP入れてます。
ロジなのに、ブラスター込みでDPS250とかあります。えぐいです。
ロジと言っても、ロジの射程は短いので味方にしっかりくっつかなければなりません。
間違って味方にドローン当てないように気を付けましょう。
できればドローンはパッシブにしておきましょう。

6.RRフリート
考察アルゴスRR
3隻以上用意して、相互リペアします。
DPSは射程も考えてレールガンにしていますがPGに余裕があったらオートキャノンがいいかもしれません。
また必ずウェビ役が必要になります。
フリート全体でできれば3枚あると良いでしょう。
1ABですのでタックルが難しいです。全員MWDにするのもありです。
400プレートを積んだハイエナを連れて行くとかなり強化されます。
スポンサーサイト
11 | 2015/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Clare Mittermeyer

Author:Clare Mittermeyer
初めまして。
EVE Onlineやってます。
よろしくね(ゝ∀・)b

カテゴリ
通りすがりのヤギさん
リンク